スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テリー伊藤が林家テリ平で落語家デビュー 

テリー伊藤さんの落語面白そうですね。

テリー伊藤が高座デビュー“林家テリ平”
9月23日9時36分配信 日刊スポーツ

テリー伊藤(57)が22日“林家テリ平”の高座名で落語家デビューした。都内で行われた林家たい平(42)の独演会に弟子としてゲスト出演し、古典落語「湯屋番」を披露。師匠も驚く落語センスで客席を爆笑させた。
 東京・築地に生まれ、子供のころから落語好き。この日のためにあつらえた紺色のつむぎで高座に上がり「楽屋で林家ペーさんがずっと騒いでいて、全部忘れてしまった」。
 演目「湯屋番」は、勘当されて湯屋の番台を務めることになった若だんなのドタバタを描くこっけい噺(ばなし)。安倍首相の電撃辞任をまくらに“出来の悪い2代目”のモテたい妄想をテリー流の台本で繰り広げた。持ち前のお笑いセンスは落語でも発揮され、客席にいた林家一門の林家ペーも「すごいうまい。本当に初めてなの?」と手をたたいた。
 落語家デビューは、ラジオ番組で共演しているたい平に夢として語ったことから実現した。この日のため、4、5回けいこしたという。余興ではたい平と二人羽織を披露。羽織の後ろに入ってたい平の顔面にケーキの生クリームを押し付けるなど、バラエティー感覚で沸かせた。
 終演後は「緊張したー。生放送で文句言ってる方が楽。もっと面白くなったと思うので60点くらい」と照れたが、たい平から「初高座でこれだけの度胸と内容を見せて、もう100点満点」と絶賛されると大喜び。「お客さんも笑ってくれてうれしい。病みつきになりそう。師匠にもらったビデオがあと3本残ってますからね」と、今後にも意欲をみせた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000016-nks-ent

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/101-0541ad50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。