スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急地震速報来月からラジオ局困った! 

自動車の運転中にラジオから緊急地震速報が流れてきたら・・・
「○秒後~震度5の地震~」とかは勘弁してください。

「緊急地震速報」来月から ラジオ局困った!
9月23日8時0分配信 産経新聞

 来月1日から実施される「緊急地震速報」の放送をめぐり、在京の民放ラジオが揺れている。6社で作る検討会は、とりあえず来年4月からの放送開始を決めたが「課題が多く延期もありうる」と含みを残す結果に。来月から実施に踏み切るNHKやテレビの民放キー局などと、足並みにばらつきが出ている。背景にはテレビとラジオのメディア特性の違いもあり、なお曲折が予想される。(戸津井康之)

 TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、エフエム東京、J-WAVE、RFラジオ日本の6社は、気象庁の協力要請を受け、地震情報を各局が番組中に速報として発信するコンピューターシステムを共同で開発、ハード面での環境はほぼ完成しているという。

 しかし、検討会幹事の田中厳美ニッポン放送編成局長は、延期の理由について、運用面での整備が遅れている実情を明かす。問題は、映像や音で総合的に情報を伝えることができるテレビと、音だけのラジオとのメディア特性の違いだ。例えば、ラジオでは、音楽番組が突然、警報音に変わり、避難を呼びかけることも十分想定される。

 「高速道路で車を運転中のドライバーが、あわてて急ブレーキを踏んだら大事故につながりかねない」と検討会は説明。速報に驚いた聴取者が、万一事故を起こした場合の責任の所在についても、懸念を示す。田中局長は「災害を抑止するための速報なのに、現状のままでは、二次災害を引き起こす可能性がある」と指摘する。

 政府は「運転中に速報があればハザードランプを点灯させ、ブレーキをかけながら路肩へ寄せて停車してください」としているが、「警報音も知らない人が多く、訓練もしていない状況で、果たしてスムーズに避難できるのか」(検討会)と疑問はぬぐえない。

 それに、速報後、どの時点で聴取者が警戒を解けばいいのか、という問題も。ドライバーが、どの時点で再び車を動かせばいいのかなどの判断基準を、気象庁などは示していないからだ。テレビは文字情報を断続的に流して判断材料を提示することも可能だが、ラジオ局側がどのように情報を流すかについては意見がまとまっていないという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000064-san-soci

■関連動画(Youtube)
新潟県中越沖地震で緊急地震速報受信

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/103-e381bb6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。