スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重7.75キロのジャイアント・ベビー誕生 

でかい赤ん坊ですね。

ロシアで体重7.75キロのジャイアント・ベビー誕生
9月30日 14時23分

【ロシア 26日 ロイター】
 ロシアの人口減少問題に一人の女性としては十分すぎるほどの貢献をしているシベリアの女性が、このたび12人目の子どもとなる赤ちゃんを出産。この女の赤ちゃん、なんと体重が7.75キロもあることが分かった。

 地元メディアの記者が伝えたところによると、この赤ちゃん、ナディアちゃんは今月17日に、アルタイ地方の産婦人科病院で帝王切開によって生まれた。

 ナディアちゃんの母親タチアナ・バラバノヴァさん(43)は取材に対して、「皆、ただただ驚きました。父親の感想?彼は言葉が出なくて、ただ目をぱちくりさせて立ち尽くしていました」と語った。

 妊娠中の食事については、「何でも食べましたよ。特別な食べ物を買うようなお金はないので、ジャガイモや麺類、トマトなどを食べていました」と語った。また、これまでに産んだ11人の子どもについても全員、出生時の体重が5キロ以上だったことも明かした。

 ギネス世界記録には、1955年にイタリアで生まれた男の赤ちゃんの体重10.2キロが、世界最高として登録されている。1879年に米国で生まれた10.5キロの男の赤ちゃんも記録として認定されているが、この赤ちゃんは11時間後に死亡した。

 WHO(世界保健機関)の統計によれば、健康な新生児の平均体重は約3.2キロだということだ。
http://news.ameba.jp/2007/09/7440.php

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/110-0de2a085

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。