スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アストンマーチャンが逃げ切り、 スプリンターズS 

今年の3歳牝馬は強いですね。

スプリンターズS、3歳牝馬アストンマーチャンが逃げ切り
9月30日15時45分配信 netkeiba.com

30日、中山競馬場で行われたグローバルスプリントチャレンジ第6戦・スプリンターズS(3歳上、GI・芝1200m)は、中舘英二騎手騎乗の3番人気アストンマーチャン(牝3、栗東・石坂正厩舎)が、スピードの違いを見せて先手を奪うと、直線に向いてもリードを保ち、好位から追い上げた1番人気サンアディユに3/4馬身差をつけて逃げ切った。勝ちタイムは1分09秒4(不良)。さらにクビ差の3着には5番人気アイルラヴァゲインが入った。

 勝ったアストンマーチャンは、父アドマイヤコジーン、母がJRA3勝のラスリングカプス(その父Woodman)という血統。昨年7月の小倉でのデビューから2戦目で初勝利を挙げると、続く小倉2歳S(GIII)、ファンタジーS(GIII)と3連勝。阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)では勝ったウオッカにクビ差及ばず2着だったが、今年に入ってフィリーズレビュー(GII)を快勝。その後、桜花賞(GI)7着、北九州記念(GIII)6着を経てここに臨んでいた。
通算成績9戦5勝(重賞4勝)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070930-00000012-kiba-horse

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/111-074f429d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。