スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超音速旅客機コンコルドのアイテム数百点がオークションに出品されている。 

超音速機「コンコルド」のアイテム、フランスで競売に・・・

[トゥールーズ 29日 ロイター]
 2003年に営業運行を終えた超音速旅客機「コンコルド」のトイレ便座を含むアイテム数百点が、当地で開催のオークションに出品されている。オークション初日には、約60点のアイテムが出品され、その多くに提示価格の約5倍の値が付いた。

 最初に競売に掛けられたコックピットのガラス板は、提示価格の10倍となる3100ユーロ(約50万円)で落札された。そのほか、トイレの便座やパイロットが使用したヘッドセット、重さ1トンの着陸装置なども出品されており、コンコルドの象徴とも言えるマッハ計は落札希望価格が1500─2000ユーロとなっている。

 同オークションは10月1日まで行われており、会場には、英国の協力を得て組み立てられたコンコルドも展示されている。収益金は博物館に寄付されるという。

 英国とフランスが共同で開発したコンコルドは、1976年に商用運行を開始。時速最高2625キロで太平洋を巡航することで話題を集め、主に富裕層や著名人らによって利用されたが、2003年に運行を停止した。

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081191220357.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/113-e293e90d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。