スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大食い番組が快挙達成 

出演者の大食いぶりには驚かされる・・・

テレ東「元祖」大食い番組が快挙達成
10月2日10時34分配信 デイリースポーツ

 テレビ東京・大阪系で30日に放送された大食い番組「元祖!大食い王決定戦」が、19・7%という高視聴率をたたき出したことが1日、分かった。00年以降、同局としては、日本シリーズ中継に次ぐ2位という歴史的数字。

瞬間最高でも28・8%を獲得した。ギャル曽根、ジャイアント白田ら大食いタレントを世に輩出するなど、“大食い”を看板コンテンツとして育て上げてきた努力が実った。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 まさに「元祖!」の名にふさわしい“快挙”だ。大食いブームの先駆者が、30日放送した3時間スペシャルで19・7%の高視聴率を獲得した。00年以降、同局としては、03年の日本シリーズ第7戦「ダイエー対阪神」の20・0%に迫る数字。出演したギャル曽根が敗退した際には、28・8%の瞬間最高。バラエティー番組としては民放全体でもトップレベルの数字をたたき出した。

 「TVチャンピオン」の「大食い選手権」をきっかけに食にまつわる番組を作り人気を集めてきた。だが、02年に中学生が給食のパンで早食い競争をし、のどに詰まらせて死亡する事故が発生。以後、放送を自粛した。

 しかし、ギャル曽根、ジャイアント白田らのキャラクターもあり、視聴者から復活を望む声が多く寄せられ、05年に復活。悪影響を排除するため、(1)早食い厳禁(2)食べ物に感謝(3)健康な体という「大食い3カ条」を制定。早く食べて食い散らかすより、よりおいしく食べることをみせる番組構成に転換した。

 出場者の体調も考慮し、放送を乱発することなく、春秋という年2回ペースを守り、復活からは2ケタ視聴率をキープ。放送6回目にしてついに2000年以降最高視聴率も狙える位置につけた。番組関係者も「大事なコンテンツとして育ててきたことが大きい」と分析する。
 今後、出演者の大食いぶりもさることながら、視聴率的にも“大物食い”が期待できそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000034-dal-ent

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/115-ca661785

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。