スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋で史上初、加藤九段が通算1000敗 

<将棋>史上初、加藤九段が通算1000敗 53年間第一線で活躍してきた証しだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000040-mai-soci
毎日新聞

将棋の加藤一二三九段(67)が22日、東京・将棋会館で行われた朝日杯オープン戦で戸辺誠四段(21)に敗れ、通算負け数が1000敗となった。プロ入り以来、53年間に積み重なったもので、将棋界史上初の記録。
 加藤九段は1954年、14歳でプロ入り。「神武以来の天才」と呼ばれ、82年には名人位を獲得した。通算勝ち数は1261勝で、大山康晴十五世名人の1433勝、中原誠永世十段(59)の1299勝に次ぐ歴代3位。
 加藤九段の負け数には、予選を突破して入ったリーグ戦や、タイトル戦で喫した黒星が多く含まれている。1000敗は長年、第一線で活躍してきた証しだ。
 通算負け数の歴代2位は有吉道夫九段(72)の955敗(1061勝)、3位は内藤国雄九段(67)の858敗(1089勝)。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/20-a4287027

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。