スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚地武雅、役者で大ブレークの予感・・・ 

山下清さん役を演じる2代目裸の大将、塚地武雅に注目するっす。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000004-gen-ent
おたく芸人 塚地武雅は役者で大バケする
8月26日10時0分配信 日刊ゲンダイ

大物コメディアン俳優の誕生か。
 塚地武雅(35)に大ブレークの予感が漂っている。お笑いコンビ「ドランクドラゴン」のボケ担当としてバラエティーではおなじみの人気者だが、最近は役者としての評価が高まっている。

 9月1日放送のドラマ「裸の大将~放浪の虫が動き出したので~」(フジテレビ)では、画家の故山下清さん役を演じる。「裸の大将」は1980年から97年にかけて故芦屋雁之助が主人公を演じた人気長寿シリーズ。雁之助亡き後は制作が途絶えていたが、“2代目”として塚地に白羽の矢が立った。

「ぽっちゃりとした愛嬌のある風貌で、味のある独特の雰囲気を持っている。いわゆる“おたく”っぽい役柄を演じさせたら絶品です。ほのぼのとして人情味あふれる裸の大将役もピッタリです」(ドラマウオッチャー)

 塚地は03年に「いつもふたりで」(フジ)でドラマデビューしているが、役者として注目を集めたのは昨年の映画「間宮兄弟」への出演だった。冴えないけど温かい“おたく兄弟”の弟役を好演し、各映画賞の新人賞を総なめにした。

 同年の特別ドラマ「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」(フジ)では“淫行騒動”を起こした山本圭一の代役を見事にこなし、公開中の映画「キサラギ」でもリアルな“アイドルおたく”を熱演して強烈な存在感を発揮している。
 お笑い界の逸材に注目。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/32-5c086472

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。