スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚まし時計が逃げ回る 

部屋中を目覚まし時計に逃げ回られたら完璧に2度寝は出来ないな

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000068-zdn_n-sci

走って逃げる目覚まし時計、9月に国内発売
8月29日17時10分配信 ITmediaニュース

サイドテーブルに置いておけば、転げ落ちて部屋中を動き回る。 

 車輪の付いた目覚まし時計が逃げ回る──アークトレーディングは、米国で話題になった目覚まし時計「ナンダクロッキー」を9月中旬に発売する。8400円。

卵型の本体に、時刻を表示する液晶ディスプレイと2つのボタンを配置したロボットの顔のようなデザイン。側面には2つの車輪を付けた。

 設定した時刻になると、ロボットが話しているような電子音を発しながらランダムに走り回る。止めるためにはどうしても寝床から起き上がらざるをえない──というもの。

 マサチューセッツ工科大学で工業デザインを学ぶ学生が原型を考案。デザイナーのガウリ・ナンダさんがデザインし、製品化した。ニューヨーク近代美術館でも販売され、米国では既に10万台以上販売されている。

 走り回る機能はオン・オフが選択可能。スヌーズ機能も搭載した。

 アイボリー、アクア、マスタードの3色で、サイズは133(幅)×89(高さ)×89(奥行き)ミリ、重さは約240グラム。バッテリーは単4アルカリ電池4本。百貨店やインテリア雑貨店のほか、同社のサイトでも販売する。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/41-2f1d7023

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。