スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6本指の赤ちゃんが誕生 

両親のコメントが明るいですね

http://news.ameba.jp/2007/09/6828.php

12本の指と12本の足指を持つ赤ちゃん誕生――米国ニューヨーク
9月01日 16時17分
米国ニューヨーク市で28日、左右の手足それぞれに6本の指を持つ赤ちゃんが誕生した。29歳の父親も生まれたときに左手の指が6本あったので遺伝と見られるが、手足4本すべてに6本指があるのは極めて珍しく、両親も驚いている。指が多いことをのぞけば赤ちゃんは健康で、体重は3178グラム以上だという。

 地元Daily News紙29日付によると、この赤ちゃんはJeshuah Fullerちゃんで、28日午前1時26分、市内の病院で生まれた。父親は「わぉ、俺が赤ちゃんに(6本目の手の)指をあげたみたいだと思ったが、この子の足の指を見たときは信じられなかった」と語った。

Montefiore子供病院のRobert Marion遺伝学部長によると、指が6本ある多指症または多趾症は2000人に1人の割合で生まれるが、アフリカ系アメリカ人(黒人)では200人に1人になるという。

母親のQuana Morrisさん(34)は、妊娠19週目の超音波診断のときにすでに手の指が6本あることを告げられていて、超音波イメージで指を数えていたという。Morrisさんは、生まれた際に足の指のことを告げられてビックリしたが、「そんなに見た目も悪くないわ」と語った。

6本目の指は各手足の小指の外側に付いていて、骨もなく、機能的には何ら利点もないので、9月中旬に手術して取り除く予定だ。「靴を履きにくくなるだけですから」とMarion遺伝学部長は指摘した。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/47-3d2dcd35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。