スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンタウンの松本、言葉カレンダー2008を発売 

ダウンタウンの松ちゃんカレンダー価格は2000円、ちなみに我が家は毎年貰い物です。

めくるめく“松ちゃん語録”
9月13日10時17分配信 デイリースポーツ

 ダウンタウンの松本人志(44)がテレビなどで発した“語録”を自ら選び、3日めくりカレンダー「松本人志のちょっとした言葉カレンダー2008」(ワニブックス刊)として発売することが12日、分かった。

松本は、かつてエッセー集「遺書」が250万部のベストセラーに。今年は初監督した映画「大日本人」がカンヌ国際映画祭の招待作品に選ばれた。また新たな形でのお笑い挑戦となりそうだ。

 最初に企画が上がってからほぼ1年間。松本はスタッフが集めた、膨大な過去の発言録を整理。カレンダーのために書き下ろしたものも含め、122の言葉を自ら選んだという。カレンダーでは3日に1度、新たな“松本ワールド”が広がることになる。

 芸歴25年。これまで松本はメディアや著書で、数え切れないほどの語録を残している。
 2004年には、相方の浜田雅功と槇原敬之が歌った「チキンライス」を作詞。中には「親孝行とは『親孝行とは何だろう』と考えてる瞬間」との名フレーズが…。

 このほか「曲がらない関節なんて、ないじゃない」(相田みつを風?格言)「お前なんか焼きそばUFOのお湯捨てる前にソース入れてしまえ!」(捨てゼリフ)などのお笑い語録から「笑いは答えのないクイズを考えること。人は笑うために生まれてきた」「匂いを楽しむ文化がない国は嫌だ」といった考えさせる一言も数多い。

 所属の吉本興業によると、発売まで内容は一切極秘。一体どんな“松本語”を本人は選んだのか?
 カレンダーは定価2000円。B5変形判(天地25・7センチ、左右12センチ)で11月上旬に全国発売され、13日から公式ホームページ(http://www.fandango.co.jp/chotto/)や書店、コンビニなどで予約を受け付ける。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000017-dal-ent

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/83-2c32b3b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。