スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯磨きしていたネアンデルタール人 

虫歯になると痛いから小さな棒を歯ブラシ替わりにして磨いてたんですね。

ネアンデルタール人も歯磨きしていた=専門家
9月12日9時33分配信 ロイター

[マドリード 11日 ロイター] スペインで発掘された約6万3400年前のものとみられる2本の臼歯により、ネアンデルタール人が歯の衛生状態を保とうしていた可能性があることが分かった。スペインのパイス紙(電子版)が11日に報じた。

 古生物学を専門とするルイス・アスアルガ教授は記者団に、これらの歯に先が鋭いものを使ってできた溝があったことから、小さな棒を使って歯を磨いていたことが分かる、と語った。

 ネアンデルタール人は12万5000─3万年ほど前、ヨーロッパや北アフリカ、アジアの一部に生存した。
 これらの歯は、スペインのピニージャ・デル・バジェで発掘されたが、地元政府当局は声明で「歯は完ぺきに保存されており、30歳程度の人の磨耗状態が見て取れる」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070912-00000375-reu-ent

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/84-57f7da22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。