スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故で死亡した男性が、解剖直前に意識回復 

危機一発、医師が解剖直前に気がついてよかったですね。

「死亡宣告」、解剖直前に意識回復=ベネズエラの33歳男性
9月15日7時1分配信 時事通信

 【サンパウロ14日時事】南米ベネズエラでこのほど、交通事故で「死亡」した男性が、検視解剖される直前に意識を回復し、間一髪で難を逃れる出来事があった。14日付の同国紙ウニベルサルが報じた。

 この男性はカルロス・カメホさん(33)。同国北部ラビクトリア市近くの幹線道路上で6日、自動車事故に遭遇。駆け付けた救急隊員に死亡を宣告され、市内の病院の遺体安置所に運ばれた。医師が解剖にかかろうとしたところ、顔から出血していることに気付いたという。

出血は生きている証拠ということで、カメホさんは直ちに応急処置を受け、遺体確認のため駆け付けた妻と喜びの対面を果たした。
 
カメホさんは「麻酔なしで縫合された痛さに我慢できず、意識が戻った」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070915-00000029-jij-int

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/89-7380e36a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。