スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツンデレTV、ついに発売! 

始めは「ツン」状態で使用するうちに「デレ」っとするTVか・・・ひきこもりになりそうだな

[特集]ツンデレTV、ついに発売!!! 「ツン」から「デレ」まで、変化を徹底検証
9月20日12時43分配信 BCN

 通称「ツンデレTV」として前評判が高かった、音声ナビゲーション機能搭載のポータブル・ワンセグテレビ「SEGNITY(セグニティ)」(イー・レヴォリューション)が9月28日、ついに発売される。WebBCNランキング編集部では一足早めに「SEGNITY」を借りて、「ツン」「ツンデレ」「デレ」へと変化するナビゲーション機能を徹底的に堪能してみた。

●最大の魅力はツンデレっ娘によるナビ!! 初めはつれないけれど……

 それでは音声ナビゲーション機能に迫ってみよう。「SEGNITY」は「ツンデレTV」とも言われるほど、ツンデレっ娘による音声ナビゲーション機能が最大のウリ。前面に配置してある6つのボタンを押すごとにツンデレっ娘が声をかけてくれる。ただし、「MENU」ボタンを1度押した時と、メニュー操作をしている時はツンデレっ娘が休憩してしまうので、がっかりしないように。

 どうやらこのナビゲーションはツンデレっ娘が隣にいて、一緒にテレビを見ている、という設定のようだ。「MENU」ボタンを長押しして液晶画面を消した後、再度「MENU」ボタンを押して液晶画面を表示。ここでツンデレっ娘から初めての言葉として「テレビでも見る気!?」とちょっと冷たい声をかけられる。

  購入当初は、ちょっと居丈高な「ツン」状態が続くが、一定の時間を越えると、態度が少し柔らかくなる。それも最初の一言は強気な言葉をかけるが、「言い過ぎたかな」とあわてて柔らかい言い方に変えるところがまさに「ツンデレ」だ。

 口調が「ツンデレ」に変化した後も長期間使い続けると、つっけんどんな「ツン」部分が抜けて、甘えた話し方「デレ」になる。同一人物なの!? と言いたくなるほど可愛らしい話し方で、「えいッ」なんてかけ声は幼さすら感じる。

 「ツン」「ツンデレ」「デレ」で、どのようにセリフが変化するのか、比べてみよう。例えば、「CHANNEL」ボタンを押した場合、「チャンネル変える気!? (ツン)」、「ちょっと本気!? まぁ…チャンネル、変えていいわ(ツンデレ)」、「どのチャンネルにするぅ? (デレ)」と変化する。特に、「デレ」状態でチャンネル調整をしている時の「チャンネル、変えま~す。えいッ」というセリフが可愛くてかなりツボ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000010-bcn-sci

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omoroinews.blog104.fc2.com/tb.php/99-ac7cf99d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。